介護保険制度は介護費用を給付する制度で、第一号被保険者は65歳以上、第二号被保険者は40歳以上65歳未満です。

認知症の介護と施設・病院利用ガイド

介護保険制度の概要を知る

介護が必要になった場合に、公的なサポートを受けることはできるのでしょうか?そのために整備されたのが公的介護保険制度です。この制度の運営は市町村が窓口(保険者といいます)となってやっています。地元密着の性格があるため市町村が担っているのです。介護保険も保険の仕組みを使っています。保険の仕組みの基礎は、多くの人が保険料を出し合い、困ったことが起こった場合に、その集めた保険料を困った人に渡すという方法です。ですから、介護保険制度の恩恵を受けるために保険料を払う必要があります。強制加入です。

この保険料を払う人のタイプが2つに分かれていて、一つは第一号被保険者、もう一つが第二号被保険者と呼ばれています。第二号の方は40歳から64歳までの人、第一号は65歳以上の人です。基本は、自分が住んでいる市町村に保険料を直接納付しますが、会社員の人は給与天引きされて納付しています。保険料は市町村によってまちまちですが、月々5000円ぐらいです。会社員の場合は、給料に一律の%でかかってきます。保険料に関しては、自分で計算できなかったとしても、納付書がきたり天引きされるので年間金額の把握等ができていれば知識としては問題ないでしょう。

そして、どんな時に誰が給付を受けることができるのかを知っておくことが最も重要です。ここで第一号と第二号で大きく差がでてきます。第一号は介護が必要になったら給付を受けられますが、第二号は一定の疾病の場合しか受けられないことになっています。

Copyright (C)2017認知症の介護と施設・病院利用ガイド.All rights reserved.